投信保有ポイントサービス・貸株の―NISA口座対応状況

投資信託ガイドTop > NISA(ニーサ) > 投信保有ポイントサービス・貸株の―NISA口座対応状況

« 2015年4月~6月の更新履歴 | メイン | MSCIコクサイ連動のETF(1550・1680)の配当利回り »

投信保有ポイントサービス・貸株の―NISA口座対応状況

 収益を底上げするサービス(投信保有ポイントサービス・貸株)は、NISA口座に対応していない場合があります。ただ、”収益を底上げするサービスが、NISA口座に対応していること”は、重要です。「サービスのNISA口座への対応」が重要なのは、収益を底上げするサービスが、高い収益を上げる証券会社もあるからです。例えば、松井証券の貸株サービスは、年率:0.33%です(1306を貸株した場合 ※管理人の実績)。 また、SBI証券の投資信託保有ポイントサービスは、最大で年率:0.24%です。では、各ネット証券の―”収益を底上げするサービス”は、NISA口座の資産に対応しているのでしょうか?

 投信保有ポイントサービスは”一部が対応”、貸株サービスは”全てが非対応”です。

  • NISA口座の投信保有ポイントサービスは、一部が対応
  • NISA口座の貸株サービスは、全てが非対応
投信保有ポイントサービスは、一部が対応

 NISA口座に預けている投資信託でも、投信保有ポイントサービスの対象になる証券会社は、SBI証券・楽天証券です。残りの―マネックス証券は、NISA口座に預けている投資信託が、投資信託保有ポイントサービスの対象になりません。

 SBI証券と、マネックス証券とは、Q&Aページで、投信保有ポイントサービスの対応・非対応が明記されています。

NISA預りの投資信託でもポイント付与対象銘柄に該当していれば、SBIポイントの付与対象となります。

SBI証券のQ&Aページより引用

NISA口座での取引では、マネックスポイントを貯めること、使うことはできません。

マネックス証券のQ&Aページより引用

※↑に”NISA口座での取引では”とありますが、投資信託の”保有”でもポイントは貯まりません。

 楽天証券は、Q&Aページで投信保有ポイントサービスの対応・非対応が明記されていなかったので、メールで問い合わせたところ、”対応している”そうです。

「投資信託資産形成ポイント」はNISA口座で保有頂いている投資信託もポイント付与の対象となります。

楽天証券からの返信メールより引用

図:NISA口座の―投資信託保有ポイントサービス対応状況

SBI証券 楽天証券 マネックス証券
×


貸株サービスは、全てが非対応

 NISA口座に預けている株式でも、貸株サービスの対象になる証券会社は、ありません。貸株サービスの対象になるか調べたのは、大手ネット証券4社(”松井証券”・”SBI証券”・”楽天証券”・”マネックス証券”)です。

 SBI証券と、楽天証券とは、Q&Aページで、非対応であることが明記されています。

NISA口座で買った株式は、貸株することができません。

SBI証券のQ&Aページより引用

NISA口座(少額投資非課税口座)で保有なさっている銘柄は、貸株サービスで貸出すことはできません。

楽天証券のQ&Aページより引用

 松井証券と、マネックス証券とは、Q&Aページで対応・非対応が明記されていなかったので、メールで問い合わせたところ、非対応だそうです。

NISA口座で保有している上場株式や上場投資信託(ETF)等は、預株の対象となりません。

松井証券からの返信メールより引用

貸株は、制度上ご利用いただけません。

マネックス証券からの返信メールより引用

図:NISA口座の―貸株サービス対応状況

SBI証券 楽天証券 松井証券 マネックス証券
× × × ×





「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292